不動産会社で思い描いた部屋を借りるポイント

メンズ

3ヶ月以上滞納したら

男の人

適正価格で家を販売できる

住宅ローンが支払えなくなった場合、一番良いのは家を任意売却することです。通常住宅ローンが支払えなくなると、債権を回収するために家は競売にかけられます。競売では必ず売却できるように価格が低く抑えられる為、家の価値よりもかなり低い金額で落札されます。競売にかけられると家の明け渡しなども債権者が定めた時までに行わなければならない上、ローンもかなり残ることになります。任意売却をする場合には自分で売却価格を決めることができます。競売よりも高い値段で家を売ることができるので、ローンの残高を減らすことができ借金の支払いも楽になります。また任意売却の場合には債権者との交渉しだいで引越し費用を出してもらったり、管理費や修繕費の滞納を控除してもらうこともできます。家を売却しても今の家に住み続けることができる可能性があります。同じ家を売却するのでも競売と任意売却では結果に大きな差がでるのです。任意売却が成功するかどうかは債権者と交渉する専門家しだいです。より有利な条件で売却できるように交渉する力が必要なだけではなく、いくらで売れば良いか適正な価格を見極める目も必要になります。住宅ローンを滞納してから3ヶ月を過ぎるとローンを組んだ金融機関は保証会社にトローンの肩代わりを求め、債権者は金融機関から保証会社に移行します。そうなると競売開始の通告が届くまで時間は余りかからないので、住宅ローンの支払いに行き詰ったら早めに任意売却の専門家に相談した方が良いでしょう。